So-net無料ブログ作成

トルコ軍が戦力の反乱!戦車も空港占拠 クーデターを起こす理由とは [政治]

トルコ軍の一部戦力がクーデターを起こした、と報じられています。

トルコの都市イスタンブールの国際空港は、周囲を戦車が占拠し

閉鎖状態になっているほか、兵士の姿が見られ、戦闘機も低空を飛行しており

軍によって橋も閉鎖されているということです。


軍の一部が「トルコ国内の軍の権限を掌握した」と発表しており、

アカル参謀総長が人質に取られたとの報道もあります。

エルドアン大統領は、国民に対して「公共の広場や空港に集まってください」として、

軍の行為を非難するよう呼びかけたとも報じられています。

まさにトルコ軍により切迫した状況のようです。

トルコ軍がクーデターを起こした理由は何なんでしょうか?


スポンサード リンク




トルコ軍がクーデターを起こす理由とは?




トルコでは、軍の戦力によるクーデターが過去に2回起きています。

軍が出動しないクーデターも含めると、4回も起こっています。

なぜクーデターが起こるのか?

それはトルコの議会政治の弱さが影響しているといいます。


ここで言う議会政治とは…

国民代表の原理に基づく議会が国権の最高機関として政治運営の基本になっている政治形態。代議政治ともいう。普通,平等,秘密,直接,自由などの原理を満たした選挙が行われ,行政部に対する立法部の優位が制度的にも実質的にも確保され,会議公開の原則に基づく少数意見の尊重の議会運営が保障されることが正常な議会政治の前提となる。

(出典:コトバンク)

つまりわかりやすく言うと、

「選挙で選ばれた国民の代表が国会で法律を作ったり予算を組んだりして国を動かす」


ということです。議会制民主主義、なんて言葉を聞いたことがあるかと思います。

議会政治が整っていない国で、一つの政府が長く続くとどうなるか?

国は独裁に傾き、言論の自由を制圧してまい

政治によって軍事がコントロールされてしまいます。

今の北朝鮮がまさにその状態です。あの国は議会政治なんて無いに等しいですよね。


もし、議会政治が十分に発達している国であれば、今述べたような事は行われません。

だから、議会政治が発達しているアメリカやイギリス、カナダではクーデターはこっていません。

もちろん、日本でクーデターが起きることもあり得ません。


スポンサード リンク




なので、4回クーデターが起きたトルコは、

議会政治が未熟であったといってもいいではないでしょうか。

クーデターとは、近代化の未熟な段階で起こりやすく、

議会政治が十分に発達していない後進国で発生することが多いです。


トルコ軍は今回のクーデターで

以下の声明を出しているそうです。


「トルコ軍は憲法秩序、民主主義、市民の権利と自由、 法の優越を回復する目的で国の政権を完全に掌握した。 トルコの結んだ国際合意および義務はすべて効力を維持する。 我々はあらゆる諸国と友好関係を維持し続けることを確信している。」


つまりエルドアン政権が憲法秩序、民主主義、法の優越などを侵して

独裁に傾こうとしたから、トルコ軍がその独裁を打開するため

今回クーデターを起こした、という声明に思えます。

果たして、今回のクーデターは成功したと言えるのでしょうか。


まとめ




トルコは定期的にクーデターを起こす常連国となってる気がします。

でも国家を守る組織が、国家の何処の要所要所を抑えれば勝てるか、

ということを知ってるのは、防衛策含めて国として良いと思います。

しかし過去のトルコ軍のクーデターは、もっと平穏に迅速に進んでいて

その後の民主化への移行も、滞りなく行われてるんですが…

国民に被害が及ぶのだけは避けて欲しいと思います。


スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0