So-net無料ブログ作成
検索選択

斉藤由貴の宗教 モルモン教の禁止事項で日常生活が危険レベルに! [有名人のエピソード]

斉藤由貴が入ってる宗教が「モルモン教」という宗教です。

あまり聞き慣れない宗教だと思いますが、モルモン教がどんな宗教かざっくり言うと

「カルト宗教」だと言われています。

キリスト教の異端といって正統キリスト教ではなく、

ベルギーでは人権侵害をすると言われカルト認定されています。

モルモン教がどんな宗教であるかは、定められた禁止事項や戒めを見ると

無宗教の一般人には、かなりの危険レベルでヤバい内容に見えます。

色々な細かい規則によって日常生活が縛られて、犠牲や失うものが多いのです。


スポンサード リンク




モルモン教ではガーメントの上からブラを着ける!




斉藤由貴の宗教、モルモン教では禁止事項や戒めを守る必要があるんですが、

その内容によって、何を失い何の犠牲を払うのか知った上で入信しないと、

後悔先に立たず、後から抜け出せなくなるというのです。

一体モルモン教の禁止事項や戒めはどんな内容なのか?


毎年、教会に少なくとも収入の10%以上を献金しなくてはいけない


model-kenkin.jpg

つまり、年収が500万円なら

年間50万円を教会に納めなくてはならないということです。

それを信者である限りずっと続けることになります。

献金することが救いの条件になる、というのです。


毎年年末になると、収入の10%以上を正しく教会に納めているかどうかを確認するため、

指導者から面接を受けなければならず、もし献金を納めなていなかったとしたら、

その面接で「非常に恥ずかしい思いをさせられる」そうです。

なお、納める献金を教会がどう使っているかについて、

信者に知らされることはありません。



神殿で儀式を受けることにより、ガーメントを常に身に着けていなくてはならない



ガーメントは祈りの言葉の「着用すべし」と言う命令口調の通りで、

入浴、着替え、水泳などの着用出来ない運動等やむをえない場合を除いて

脱ぐことを許されません。24時間着用しないといけません。

model-shock1.jpg

モルモン教にとっては大変神聖な神が与えた着衣であるガーメントは、

一般人から見れば単なる質の悪いメリヤスのステテコに過ぎません。

しかしこれを着ないということは、神からの守りを棄てるということで背教を意味します。

ガーメントを着るので、もう素肌にTシャツを着たり、短パンをはくことはできなくなります。

女性の場合、ノースリーブ、タンクトップ、キャミソール、ミニスカートといった服装は

二度と着れなくなるので、諦めないといけません。

おかしな話ですが、女性はブラジャーなども

ガーメントの上から着なくてはいけないんです。



スポンサード リンク




モルモン教の「ゆるやかさ」で抜け出せない…




今までのように、日曜日にどこかに遊びに行くということはできなくなる


mental_lower1.jpg

教会員が毎週日曜日に教会に集うべきということが、戒めとして定められています。

もし日曜日に勤務する仕事についているとすれば、その仕事を辞めて

日曜日が確実に休める仕事に転職するよう、教会指導者から

「有形無形のプレッシャーがかかる」ことを覚悟する必要があります。


恋人との性的関係はご法度、自慰行為もNG



この戒めは、若い人にはかなり辛いものですが、

この種の罪は殺人に次ぐ罪として、極めて重大視されています。

この戒めを破った場合、悔い改めて赦しを受けるためには、

そのことを教会指導者に告白をしなければなりません。

罪の内容によって、極端な場合には破門などの罰則が課せられます。

もちろん献金したお金なんて返ってきません。



上で挙げたのは一部です。

モルモン教に入ると日常生活の自由が失われ

犠牲にしなければならないもがたくさんあるのです。

モルモン教は危険な組織であり、入るべきではないと言われる理由として

モルモン教の「ゆるやかさ」にあると言えます。


いきなり財産全てを搾取したり、出家を要請したりといったことはしません。

信者はゆるやかに生活も心も蝕まれていってしまいます。

「毎年教会に収入の10%以上を献金する」というのがまさにそれです。


モルモン教の間違いに気がついたときには

膨大な金銭と時聞を提供していることに気がつきます。

そうなると脱会することは自己否定を意味するように思われ、

ますます引き返すことを困難にするのです。


モルモン教にはそのようなベテラン信者がたくさんいます。

表面的には信仰を守っていますが、

実際は辞められないので続けているという人たちです。

熱心なのは信仰歴の浅い若手ばかりといいます。


(出典:モルモン教会に入る前に知っておくべきこと)


まとめ




モルモン教にある禁止事項や戒めを破った場合は、

かなりグレーゾーンな罰を下されることもあり、

かなり危険な匂いが…
正直、拒否反応を感じてしまいます。

そこまでの犠牲を払うことを覚悟して入信するというのが

無宗教の一般人には皆目見当がつきませんが、

斉藤由貴氏のような、信仰心のある人に
とっては、人生を捧げるほどのもの…

ということなんでしょうか。。


スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0