So-net無料ブログ作成

ISによるテロが確定!フランスニーストラック突入で犯行声明出す [事件]

フランスニースのトラック突入テロ事件、

やはりISが関わっていました。

IS系メディアの「アマク通信」が16日、

「IS戦士の1人が呼び掛けに応じ作戦を実行した」と、

ISが犯行声明を出したことを報じています。


スポンサード リンク



ISテロの新形態 一匹オオカミと爆弾トラック




今回の事件、車によるISのテロはフランス当局が懸念していました。

というのも、ISの海外テロ作戦の元締めであり

ISの公式スポークスマンであるムハマド・アドナニはこれまで、


「どこででも、どんな方法を使ってもいいからテロを起こせ」


「イスラム教徒ではない者たちに車を突進して皆殺せ」



とインターネット上に声明を出して、世界中のIS支持者らに対し

有志連合参加国の国民を標的にテロを実行するよう求めてきました。 


これに答えるかのように、フランスのニースで

ISの”一匹オオカミ”がテロを起こした、と見られています。


トラックを運転していた犯人、

モハメド・ラフエジブフレル容疑者は警官隊に射殺されましたが、

男が車外に出て銃を乱射したとの目撃証言もあります。

トラックからは銃器と大量の爆発物が見つかっており、

周到に準備したテロであったことはほぼ間違いないと見られています。


トラックの運転席からフランスとチュニジアの二重国籍の身分証が見つかっており、

ニース在住の31歳の男だということです。


スポンサード リンク



IS 爆弾トラックを周到に準備していた




トラックで突進して行なわれるテロというのは初めて見る形です。

銃火器などの武器を使わずに、民衆に向けて車両を突進させたり、

車に爆薬をつけてそれ自体を巨大な爆弾として活用する方式が

ISの新しいテロの手法となっています。


ISはフランス・ニーステロが発生する1日前、

トラックを大量破壊兵器として積極的に活用しろ!

という映像を公開しました。

これに先立つ2014年にもISは、

テロに車両を積極的に利用しろ!という宣伝をしており、

特に大規模な人命を殺傷させるため、

人々に向けて車両を突進させるよう指示しています。

トラックの場合、相対的に偽装することが容易で、

爆発物まで搭載した場合、大量破壊が可能なためです。


今月初め、2百人あまりの命を奪ったバグダッド連続爆弾テロでも

ISの「爆弾トラック」が使用されるなど、

今回のニーステロもISのトラックテロという可能性が考えられています。



まとめ




フランスがISのテロの標的とされていて、危険である理由は、

多くのムスリムたちがフランスに移民してきたからだ、と言われています。

このテロで、「イスラム教の移民を許可するな!」という声が上がっています。

当然ながらムスリム全ての人がテロリストな訳ではないのですが、

テロリストのほとんどがイスラム教徒である、という事実がありますからね。。

そう口にしてしまう気持ちも分かります。

フランスに平穏な日々が訪れるのはいつになるんでしょうか。


スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0