So-net無料ブログ作成
検索選択

高校生クイズ出場校 2016年の一覧と偏差値も!予選で大波乱の理由とは? [テレビ番組]

2016年も高校生クイズが放送されます。

各都道府県の予選を勝ち上がってきた出場校
の一覧を、偏差値と一緒に紹介します!

しかし今年の高校生クイズの予選では、
偏差値が高い名門校が相次いで敗れており、

多くの女性チームが勝ち上がるという、
大波乱が起こっています。

例年とは全く様変わりしているのです。

果たしてどんなクイズバトルになるのか!


  スポンサード リンク




高校生クイズ2016の参加校一覧!偏差値も




2016年の高校生クイズは、
以下のようなクイズが行われるようです。


【主なクイズ内容】

・グアムのビーチでの○×どろんこクイズ

・ロッキー山脈を舞台に山岳鉄道を貸し切り
 番組史上初!標高3000mで敗者脱落クイズ

・フロリダのディズニーワールドに初上陸!

・本物の戦車が登場する史上最大規模の
 敗者復活戦!

・タイムズスクエアでの英語クイズ



高校生クイズ2016年の出場校と、
偏差値の一覧は以下の通りです。
(※赤字は女性)


地域高校名偏差値メンバー
北海道 市立札幌啓北商業高校 49 畑沢・若菜(初)
青森県 県立青森高校 70 守屋・相馬
秋田県 私立聖霊女子短大付属 53~56 江畑・堀田
岩手県 私立盛岡中央高校 63~66 古館・工藤
山形県 県立鶴岡南高校 61 阿部・和田
宮城県 市立仙台高校 56 斉藤・千葉
福島県 県立福島高校 68 加藤・菅野
石川県 県立金沢泉丘高校 69~71 高田・坂上
新潟県 県立津南中等教育学校 49 桑原・岩瀬
富山県 県立富山北部高校 48~52 平本・寺中
千葉県 県立船橋東高校 67 葛西・中林
神奈川県 私立洗足学園高校 69 木村・仁上
東京都 私立慶應義塾女子高校 73 江森・福水
埼玉県 私立栄東高校 70 内田・森田
茨城県 県立藤代高校 57 石引・飯島
群馬県 県立高崎工業高校 47~51 中條・相川
栃木県 私立宇都宮短大附属 65~68 内海・永吉
山梨県 県立甲府城西高校 42 望月・薬袋
愛知県 私立南山国際高校 38 佐藤・小水(初)
福井県 県立藤島高校 68 岩佐・紅本
岐阜県 県立岐阜高校 71 高田・梅田
長野県 県立長野高校 69 中村・依田
三重県 県立津高校 68 前部・江口
静岡県 県立静岡高校 71 黒田・北川
兵庫県 国立神戸大学附属 65 木村・杉山
滋賀県 県立玉川高校 54 小川・小寺
大阪府 私立関西学院千里国際 61 小見山・武田
京都府 私立同志社女子高校 63 石川・藤田(初)
和歌山県 県立日高高校 53 硲間・野尻
奈良県 私立帝塚山高校 66~73 金高・吉房
鳥取県 県立鳥取西高校 63 牧浦・浦林
島根県 県立浜田高校 50~58 田中・炭本
山口県 県立岩国商業高校 47 土谷・中島
広島県 県立海田高校 57~63 梅田・今村
高知県 市立高知商業高校 46~49 土居・門脇
愛媛県 私立聖カタリナ学園 46 三好・渡部
香川県 県立三木高校 57~64 羽井・橋本
岡山県 県立西大寺高校 52~54 佐藤・松川
徳島県 市立徳島市立高校 69~72 田村・吉田
福岡県 私立福岡常葉高校 41~47 森田・伊藤
長崎県 県立長崎東高校 62 吉田・河間
佐賀県 県立佐賀西高校 68 北村・尹
大分県 県立大分豊府高校 61 今村・大原
熊本県 市立必由館高校 53~56 藤本・吉村(初)
宮崎県 県立延岡高校 58~61 松下・長友
鹿児島県 私立鳳凰高校 55~58 崎・長島
沖縄県 私立昭和薬科大学附属 65 花城・島袋



上記の都道府県代表参加校一覧とは別に、

優秀な成績を収めた下記の13校が
「21世紀枠」として参加します。

地域高校名偏差値メンバー
秋田県 県立秋田高校 69 石井・伊藤
茨城県 県立土浦第一高校 71 安立・黒田
千葉県 県立千葉高校 73 中田・松永
東京都 私立早稲田高校 72 佐藤・釜堀
東京都 私立開成高校 78 司馬・川口
(前回準優勝)
神奈川県 私立慶応義塾高校 75 大友・佐々木
神奈川県 県立横須賀高校 66 八ツ星・杉原
三重県 私立桜丘高等学校 55~58 木多・中島
京都府 府立洛北高校 59 森・金田
兵庫県 私立灘高校 79 伊藤・猪俣
高知県 私立土佐高校 67 二宮・川崎
熊本県 県立熊本高校 73 中田・岩間
鹿児島県 私立ラ・サール高校 76 伊東・土居


以上、全60校の参加校による熱いクイズバトルが
優勝を目指して行われます。


  スポンサード リンク




2016年は名門校が続々敗退!その理由とは?




2016年の高校生クイズは、各地の予選大会で
大波乱が起こりました。

名門校が続々と敗退してしまったのです。

出場校の一覧を見ての通り、21世紀枠を除く
出場47校中、女性チームは33校!

全体の7割が女性チームという状態です。


なぜこんなことになったのか?というと

予選大会の問題の内容に原因がありました。


予選大会は全80問でうち70問が3択問題に
なっていて、

その内容が女性に有利な、コスメや
スイーツ、ファッションなどの問題が
大半だったそうです。


そのため、その問題に対応できなかった
名門校や男性チームが続々と敗退し、

女性チームが多く勝ち上がった形に
なりました。

予選大会がこのような流れになったのは、

圧倒的な強さを誇る、
名門校のクイズ研究会潰しの目的で
テコ入れした、

とも言われています。


しかし敗退した名門校や出場常連校は、
今回”21世紀枠“という救済措置によって
救われています。

おそらく、予想以上に名門校が敗退したため

高校生クイズのレベルが低くなる恐れがあり
番組的にも面白くない…

と制作側が判断したのかもしれません。


この制度、2014年から高校生クイズでも
取り入れられたんですが、

実際は「敗者復活」や「シード制」と
同じようなものです。

特に今年は全国大会の名門校や出場常連校が
多く選ばれたため、
ネット上でも賛否両論です。



まとめ




視聴者からすると、毎回残るのが名門校
ばかりでつまらない、新鮮味が無い。

という声があったので、今回の仕組みを
取り入れたのかもしれませんが、

クイズ番組を謳う以上は、強い名門校が
いないと締まらない、盛り上がらない。

という所もあると思います。

この取り組みの結果、今年の高校生クイズ
バトルにどういう形で反映されるのか、
非常に楽しみです。


  スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0