So-net無料ブログ作成
検索選択

台風14号(2016)のたまご発生か!最新進路ヨーロッパ予想は沖縄直撃? [天気]

2016年の台風14号のたまご発生か?

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の
最新予想図によると、

10日頃にたまごと見られる熱帯低気圧が
発生し、沖縄方面に向かう進路を取る
ようです。

ECMWFの最新進路予想図で確認します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※9/9 更新
 こちらの予想は9/8時点のものです。
 最新進路予想は以下をご覧下さい。


9/9 予想:台風14号(2016)たまご続報!9/9ヨーロッパ最新進路は超大型台風の予想!


  スポンサード リンク




台風14号のたまご?ヨーロッパ予想で確認!




9月になって立て続けに発生し、
日本に上陸する台風が多いですが、

台風14号のたまごの発生が、

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の
予想図で確認できます。


ECMWF_0908.gif
(出典:ヨーロッパ中期予報センター)


ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)の最新
進路10日間予想図によると、

9月10日の予想でグァムの北西約400キロ付近
に、台風14号のたまごと見られる熱帯低気圧
が発生しています。


その後の予想図では、台風14号のたまごは
台風へと発達し、

11日~13日にかけて北西へ進み、沖縄の東へ
と接近しているのがわかります。

さらに14日~15日にかけて沖縄、九州を北上
し、本州を北東方面に進むようです。

日本列島を南から北まで縦断するという、
厄介な進路予想となっています。


12日、13日にかけては沖縄付近の方は
台風に十分警戒する必要がありそうです。

ただ10日間予想なので、たまごが台風に発達
する可能性も含めて、予想が変わる可能性は
十分あります。

今後の進路予想に注意が必要です。


  スポンサード リンク




秋台風の特徴 夏台風との違いは?




ヨーロッパ中期予報センターの
10日間最新進路予想によると、

たまごとみられる熱帯低気圧が、台風に
発達し沖縄へ近付くと見られています。


そして、秋の台風は夏の台風に比べて
特徴に大きな違いがあります。


1.台風の速度

夏の台風は進むスピードが遅いですが、
秋台風は逆に早いことが多いです。

これは秋に日本の上空に吹く
偏西風の影響です。

一般的に秋のほうが偏西風も強く、
日本の北に行くほどスピードアップして
いきます。

夏台風は自転車くらいの速度で、秋台風は
車くらいの速さだと言われています。

ただ、台風は台風自身が動くのではなく、
周りに吹く風や気圧の影響で動くので、

夏でも秋でも速度の速い台風、
遅い台風となることもあります。


2.台風の強さ

台風は、海水温が温められることで
上昇気流が発生して作られます。

海水が暖かい地域では、高気圧の影響で
停滞気味になり、上昇気流のエネルギーが
蓄えられやすくなり発達していきます。

水の性質上、温まりやすく冷めにくい。
というのがあるので、

秋台風のほうが海水温が高くなり、
強い台風になりやすいのです。

3.台風の進路

秋台風のほうが日本に上陸しやすいです。

これは、夏は日本付近を太平洋高気圧が
覆っており、高気圧で進路がふさがれ、

日本に上陸することができないことが
多いからです。

逆に、秋の台風は高気圧の影響が弱くなる
ので、日本に上陸しやすい進路をとります。


また、日本付近にある秋雨前線の活動が
強くなるため、大雨を降らせることがあり、
雨量も多くなるという特徴もあります。



まとめ




台風14号のたまごの発生について、
ヨーロッパ中期予報センターの最新進路予想
をお伝えしました。

たまごがこれから台風に発達するかどうか、
今後の予想次第で変わる可能性がありますが

台風情報には十分注意が必要です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<台風14号 最新情報!>
9/9 予想:台風14号(2016)たまご続報!9/9ヨーロッパ最新進路は超大型台風の予想!


  スポンサード リンク



コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。