So-net無料ブログ作成

台風16号(2016)最新進路予想!現在沖縄方面へ移動し近畿上陸の恐れも [天気]

2016年の台風16号が、現在ゆっくりと沖縄
方面へ向かって北上しています。

場合によっては近畿など西日本に上陸する
恐れもあるようです。

今後の進路予想はどうなっているのか?

気象庁とヨーロッパ(ECMWF)の最新予想図で
確認したいと思います。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※9/20 更新
 こちらの予想は9/15時点のものです。
 最新進路予想は以下をご覧下さい。


9/20 予想:台風16号(2016)の最新進路!20日夜に東海 21日に関東上陸の予想か


  スポンサード リンク




台風16号 気象庁の予想を確認!




台風16号の今後の進路について、まずは
気象庁の最新進路予想図で確認します。


1616-0915-21.png
(出典:気象庁ホームページ)

(9月14日21時45分発表)
台風16号
大きさ
強さ 強い
存在地域 フィリピンの東
進行方向、速さ 西北西 20km/h
中心気圧 965hPa
最大風速 35m/s
最大瞬間風速 50m/s
暴風域(25m/s以上) 全域90km
強風域(15m/s以上) 南東側 330km
北西側 220km



強い台風第16号は、14日21時には
フィリピンの東にあって、

西北西へ毎時20kmで進んでいます。

この台風は、発達しながら北上し、15日には
非常に強い勢力となる見通しです。


その後、16日には勢力を保ったまま沖縄付近
にかなり近づき、

16日15時には石垣島の南約250kmに達する
見込みです。

18日(日)~19日(祝)にかけては近畿などの
西日本に近づく恐れもあります。

来週にかけても秋雨前線が停滞するため、

台風が近づく前から西日本や東日本を中心に
大雨となる可能性があります。


台風が接近する沖縄や石垣島付近では16日
未明から暴風や大しけとなる恐れがあり、

台風周辺海域および進路にあたる海域は、
厳重な警戒が必要です。

また今後予想が変わる可能性もあるので、
台風の動きには十分注意して下さい。


  スポンサード リンク




台風16号 ヨーロッパの進路予想は?




続いてヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)
の最新進路予想図で、現在どのような
予想になっているか確認します。


ECMWF_0915.gif
(出典:ヨーロッパ中期予報センター)


ヨーロッパ(ECMWF)の9/14午前9時時点
(日本時間)の10日間予想図によると、

16日の9時頃には、台風16号がフィリピンの
北東に位置しているのがわかります。

17日9時には、勢力を拡大しながら、台湾や
沖縄の石垣島付近を進む見込みです。


しかし18日~21日にかけては東シナ海に
停滞していると見られます。

その後は勢力を拡大することなく、

偏西風に乗って、日本の九州・四国・近畿
地方を横断して抜けて行くような予想と
なっています。

22日過ぎには温帯低気圧に変わるかも
しれません。


台風の勢力が最も強まるのが17日になると
見られ、石垣島付近などの周辺海域は、
厳重な警戒が必要です。

今後の台風の動きには十分注意する
必要があります。



まとめ




台風16号について、気象庁とヨーロッパの
最新進路予想をお伝えしました。

今後の台風の動きには十分注意して下さい。

最新情報を常にチェックするようにして、
台風に備える必要があります。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<台風16号 最新情報!>
9/20 予想:台風16号(2016)の最新進路!20日夜に東海 21日に関東上陸の予想か


  スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0