So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

オールユーニードイズキル 結末と小説漫画・映画版の違いは?ネタバレ有! [映画]

9月2日放送の「金曜ロードSHOW!」で、
トム・クルーズ主演のSFアクション
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』が
地上波初放送されます!

それに合わせて、映画のネタバレ情報や、

原作(小説・漫画)と映画版では、ラストの
結末含めてどう違っているのか?

という所も調べてみました!
映画をまだ見てない方は要注意です!


  スポンサード リンク




オールユーニードイズキル 映画版と原作の違いは?




映画版オールユーニードイズキルの
あらすじは、以下のようになっています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

近未来の地球。侵略者“ギタイ”と人類は
激しい攻防を続けていた。
期せずとして“初年兵”として戦場に
送られたウィリアム・ケイジ少佐
(トム・クルーズ)は、すぐに命を落とす。

しかし、彼の目の前には
1日前の光景が広がっていた…

タイムループの世界に捕らわれ、戦闘と死を
繰り返すケイジは、“戦場の雌犬”
と呼ばれるリタ・ヴラタスキ
(エミリー・ブラント)と出会うのだが……


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

映画の原作は、桜坂洋のライトノベル
「All You Need Is Kill」です。

デスノートで有名な漫画家・小畑健により、
2014年に漫画化もされています。

原作に忠実な内容になっていて、原作ファン
からも大好評でした。


ジャンルはSFで、同じ時間を何度も繰り返す
というループものの作品です。

1日を繰り返す、ループのトリガーと
なるのが「死ぬ」こと。そして、

「死んだらはじめからやり直し」という
ルールがあるのです。

まさにテレビゲームのリセットボタン。

ビジュアルや世界観も、まるでテレビゲーム
みたいだと、例えられるでしょう。


映画でも小畑健が作画を手がけたマンガ版も
その基本となる「ゲームっぽい雰囲気」は
しっかり踏襲されていました。


映画と原作の主な違いは?


しかし、ハリウッド映画版は原作と
比較すると、シナリオやキャラ設定等、
重要な部分で大きな違いがあります!

※以下、原作は[小説版・漫画版]両方を
指すこととします。


ネタバレ含むので要注意です!


▼原作主人公は少年兵

映画版ではおっさん(トム・クルーズ)に
なっています!若く見えますけど、もう
50歳超えてるんですよね~。
それを感じさせないアクションは流石です。


▼原作はクールでストイックな作品

映画版では笑えるシーンも満載です。
この辺りはハリウッド版ならではといった
感じでしょう。

でも映画版は原作との改変がものすごく
上手くて、ハリウッドの娯楽映画のテイスト
に合わせつつも、原作よりも優れていると
感じる部分も多く見られます。

原作をしっかりリスペクトしているな、
という感じが見られて好印象です。


  スポンサード リンク




映画版と原作 ラストの結末も違う!




映画版「オールユーニードイズキル」と
原作(小説・漫画)との違い、続きです!


▼主人公周りのキャラ設定がぜんぜん違う!

キャラ設定で一番大きい変更点は、

原作にはメガネで三つ編みで童顔でドジッ子
という、いわゆる萌えキャラの“シャスタ”
という整備兵が登場するんですが…

これが映画版だとどうなったか?

むさ苦しいヒゲのおっさん、
カーター博士(ノア・テイラー)に
変更されています!

まぁハリウッド映画の特にSFだと、日本人で
三つ編みドジっ子のような貧弱なキャラは、
違和感バリバリ… 削除されても
おかしくない、とは思うんですけどね。。


▼映画の主人公がループする回数を数えない

原作では主人公のループ回数が増える度に、
絶望感や疲弊が増していく…
という効果がありましたが、

映画版ではあえて回数を数えないことで、
しっかり展開に生かしています。


他の違いとしては、


▼ヒロインとの出会い方、キャラが違う

▼繰り返す1日の描写も全く違う

▼敵の名前が映画では「mimic」
(字幕では“ギタイ”で意味は同じ)

▼原作での“日本”を感じさせるエピソード
(映画では違った形で少しだけ出るのみ)

等があります。これで全部ではなく、
細かい所でも違いがあると思います。


ラストの結末!原作との違いは?


映画版と原作、結末はどう違うのか?
完全なネタバレです!


<映画版>
ケイジとリタは殺し合わずオメガを爆破し、
ケイジ、リタ共に爆破によって死亡。

その後、映画の冒頭部分にループして
ケイジは戦場に行かず、少佐の状態でリタと
出会う事になり、

ケイジが「初めて出会う」リタを見つけ、
ふっと笑ったところで、映画が終了。
(ハッピーエンド!)


<原作>
ケイジとリタが殺し合い、リタが死亡して
ケイジはループから脱出し、物語が終了。

ケイジとリタが同時にループしている。
オメガを倒すにはどちらかが死んでから
作戦を実行する必要があり、
ケイジがリタを殺す。

また最後にオメガを殺しても映画のように
時間が巻き戻ったりはせず、

ケイジだけが生き延びて終了。



まとめ




オールユーニードイズキルの、
映画版と原作版との違い、結末について
お伝えしました!

地上波初放送の映画版を見て
「面白い!」と思ったら、

ぜひ原作版と見比べて、違いを確認して
頂ければと思います!


  スポンサード リンク


Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。